2005年6月の劇場鑑賞

2005年06月19日

ザ・リング24

本日4本目は「ザ・リング2」です。日本版の続編は関係ありません。ハリウッドで新たに書かれたオリジナルストーリーとなっています。前作から半年。まだサマラ(日本版の貞子)の呪いは存在していたと。
 
評価低いですね。この作品だけでなくこのシリーズ。僕は面白かったです。ってか怖かった〜。ホラー映画によくある、音と演出による驚かし方なんですが(そこは前作と同じかな)、普通に驚いてる自分(笑)。前作同様、ハリウッドらしさが出ててよかったです。目で見て感じる恐怖は今回の方が高かったかな。
 
鹿の場面も怖かった。「この場面どうやって逃れるんだ!?」って思ってたら意外に「あぁ・・・」って感じで終わっちゃいましたが。ラストもGoodです。サマラのあの動きはかなり不気味で怖かったぁ〜。そうそう、"水の映像"これも見る価値ありです。
 
ただ、万人にはおススメしません(笑)。前作が嫌いでない方はご覧になってはいかがでしょうか?僕は次作「ザ・リング3」も絶対に観ます。しかし、 ナオミ・ワッツは出演する予定がないらしいです。

50回目のファースト・キス5

本日3本目は「50回目のファースト・キス」です。バットマン・ビギンズ」にもっていかれたのか、全然お客が入ってませんでした。
 
しかししかし!!これは素晴らしかったです。とても面白かった。笑えて感動できて、温かくて楽しくて。最高と言っていいほどのラブコメじゃないでしょうか。電車男」と感想は似てるかな?こちらも優しい気持ちにさせてくれます。
 
内容は「事故がきっかけで、前日のことを全て忘れてしまう"記憶障害"に陥った女性と、そんな彼女に一途な想いを寄せる男が繰広げる毎日を描いた作品」となっています。毎日毎日が2人の出会いってことです。
 
ストーリーは非常にテンポがよく、「今日はどうなるのかな?」、「今日こそはもしかして彼女の記憶が・・・」と思ったり。ワクワクワクワクしてました。とっても素敵でした。これも可愛い映画だったなぁ〜。観終わったあとはとても幸せな気持ちになっていました。
 
あと2つ言わせてもらいたいこととして、
1.ドリュー・バリモアがすっごい可愛かった。
2.水族館の動物がすっごい可愛い。
ペンギン&セイウチ、役者顔負けです(笑)
すごい芸達者。ドリュー・バリモアは、早速携帯の待ち受けに設定しちゃいました。
 
今日観た4作ではこれが一番です。今こうして書いてるだけでも、何か嬉しくなってきちゃう。デートムービーには最適です。

さよなら、さよならハリウッド3

本日2本目は「さよなら、さよならハリウッド」です。
本当は同劇場の「ブリジット」が観たかったのですが、こちらを見ていると次の作品に間に合わなくなるので。
 
感想です。
うーん・・・なんと言うのか、可愛い映画でした(笑)
結構面白かったです。
 
「落ち目になった映画監督のもとへ話題作のオファーが舞い込む。しかし、そのプロデューサーは元妻。しかも製作会社は元妻を寝取った男。しかし再起にかけるためオファーを飲み込むことに。ところがクランクインの前日に突然の失明状態に陥ってしまう」という感じのお話です。
 
ウディ・アレンとティア・レオーニの会話に笑って、
盲目になった後のウディ・アレンの動きに笑って。
まあ、ウディ・アレンは終始面白い雰囲気が出ていましたが。
爆笑という笑いではなく、クスクスって感じの笑いですね。
ベタベタですが(笑)
 
もう最初から最後までドタバタドタバタの作品です(笑)
こういう映画は気楽に楽しむに限りますね。
予備知識ゼロでも全然OKです。

バットマン・ビギンズ3

週末がやってきました。週末に観る映画を楽しみに、日々の仕事を頑張ってるわけであります(笑)。
 
さて、本日1本目は「バットマン・ビギンズ」です。ピカデリーでの鑑賞ですが、ここは自由席ということで、さすがにこれほどの大作にもなると朝一でも行列ができてましたね。
 
結構面白かったのですが、正直期待してたほどでは・・・って感じですね。まず、アクションシーンがイマイチ。暗闇でのシーンが多いせいか、何やってるのか分からないところがあったし、全体的に見ても魅せるところはなかったかな?執事のアルフレッドが魅力的でした。彼の存在は大きかったですね。実は、バットマンシリーズはちゃんと観たことがありません。最初は何かで力を得てバットマンになったのかと思ってたのですが、そうではないと。努力により生まれたんですね。
 
どうもスパイダーマンが頭をよぎるんですよ(笑)。スパイダーマンと比べると・・・うーん・・・スパイダーマン1と比べると圧倒的にこちらですが。スパイダーマンが好きな人はきっと楽しめると思います。
 
あと、渡辺謙の出演時間が短かったのが残念です。存在感はありましたが。ラストの"あの展開で"、「おっ、ここで謙さんも来るか!?」と思ったのですが、そうはいかずで・・・。しかし、エンドロールで"KEN WATANABE"という文字が流れたときは嬉しかったですね。日本人として誇りに思います。
 
それにしても、クリスチャン・ベールはスゴい男ですね。マシニスト」で30キロも減量して、今度はあの肉体でしょ。どんな無茶なトレーニングをしたのやら。
 
上映前には「チャーリーとチョコレート工場」の予告が流れました!!これメチャメチャ楽しみにしてるんですよねー。そして予告を観てさらに楽しみに。待ち遠しいなぁ〜。

2005年06月17日

6月18日(土)公開作品

鑑賞予定作品は…
 
バットマン・ビギンズ
ザ・リング2
50回目のファースト・キス
 
この3作で。
あと上映中の作品で観たいのが… 
 
最後の恋のはじめ方
戦国自衛隊1549 
 
こんなところで。「最後の恋のはじめ方」、公開日に観る予定だったのにどんどん延びていってるなぁ・・・
 
あと、今週公開で観たい作品が「1.0 【ワン・ポイント・オー】
シネセゾン渋谷ってところでしか上映しないようです。
少し遅れてもいいので、名古屋でも上映してほしいものです。
 
それでは明日も映画を楽しんできます。

2005年06月12日

サーティーン あの頃欲しかった愛のこと4

今日は、
戦国自衛隊1549」→「最後の恋のはじめ方
の流れで観る予定だったのですが、寝坊してしまいました。
 
っということで予定を変更して、「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」を名演小劇場にて鑑賞です。
 
こちらもチェックしてた作品です。
「思春期の女性の心のうちとそんな子供を親にもつ母親の苦悩」を描いた作品です。
4ヶ月前は普通の可愛い女の子なんですね。それが、ある大人っぽい同級生の影響で、どんどん悪い世界へと入っていってしまうわけです。
 
素晴らしかったです。
よくあるといえば、よくある展開でしょう。驚くような展開にはなりません。
この作品もかなり考えさせられました。
この世代の子をもつ親が観たらどう思うのだろう・・・
同世代の子が観るとどう思うのだろう・・・
 
テンポが早く、上映中はスクリーンに釘づけでした。
ただ、観ていて辛いシーンもありました。目を覆いたくなるシーンが。
もうすぐDVDが出るようなので、よければ観てみてください。

2005年06月11日

ホステージ4

本日3本目は「ホステージ」です。
 
ブルース・ウィルスの作品を観るのは久々です。
ティアーズ・オブ・ザ・サン」以来かな。
 
こちらは結構面白かったです。期待以上でした。
サハラ」とは逆にハラハラドキドキした展開、そして最初から最後まで緊張感があって楽しめました。映像にも迫力があります。
 
しかし"敏腕交渉人"としてのブルース・ウィルスはイマイチ。
凄さが感じられなかったです。
 
サミュエル・L・ジャクソン&ケヴィン・スペイシーの「交渉人」と比べると・・・
こちらはメチャメチャ好きな作品です。
 
あとストーリーはちょっと無理があるかな?って感じです。
それでもあっという間の2時間でしたが。
 
この映画に出てくる豪邸はスゴイですね。セキュリティが完璧すぎ。
・・・っと思ったら「あれ?これで侵入できちゃうの?」ってシーンがありました(笑)
これだけガチガチにしてるとかなり不便そう。一歩間違ったら外に出れなくなっちゃうね

サハラ 死の砂漠を脱出せよ1

本日2本目は「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」です。
 
部類としては「インディ・ジョーンズ」?
今年公開の「ナショナル・トレジャー」もそうですね。
 
さて感想ですが、こちらは全然面白くなかったです。
ハラハラドキドキはほとんどせず、序盤の展開では何度睡魔が襲ってきたか。
途中ちょっとだけ寝ちゃったかも・・・
期待はほとんどしてませんが、それ以下でした。
 
終わったあと全体を通して考えてみましたが、酷い作品とは思いません。
こちらは万人にススメれる作品だと思います。しかし、自分には何も残らずで。
ナショナル・トレジャー」の方がずっとよかったです。
こちらはかなり期待してた分、残念なところがありましたが。
 
この作品、シリーズ化するらしいですね。
内容次第ですが、僕は多分観ないと思います。

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男4

さて、週末がやってきました。
本日1本目は「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男です。
 
1974年に実際に起きた事件を基として作られた作品です。
 
結構面白かったです。期待通りかな。
社会に不満を持ち、その仕組みに適用できなくなり、何もかもが嫌になる男。そしてとんでもない行動をとってしますのですが(タイトルで分かりますね)、その男をショーン・ペンが見事に演じています。
しかしとても切ない。そこもショーン・ペンじゃないと出せない演技かもしれませんね。この男、暗殺を企てることとなるのですが、決して悪人ではありません。根は家族、友達思いの優しい男です。あることがきっかけでこんなことになっちゃうのですが。
 
しかし万人にススメれる作品ではないかな?
個人的には満足です。
大きな展開となる、後半の"とんでもない行動"までは、派手な展開が全くないので、それに耐えれない人はダメかも。

2005年06月10日

6月11日(土)公開作品

とりあえず鑑賞予定作品は…
 
戦国自衛隊1549
サハラ 死の砂漠を脱出せよ
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男
 
この3作で。
あと上映中作品で観たいのが… 
 
最後の恋のはじめ方
ホステージ
 
こんなところですね。個人的には「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」が一番楽しみです。
「最後の恋のはじめ方」も楽しみにしてたので土日のうちで観ておきたいなぁ。
 
それでは明日も映画を楽しんできます。

月別
最新コメント